酸洗いだからできる!加工の下準備

金属のサビを簡単に除去できる

酸洗いは金属の表面を洗浄するだけでなく、塗装やメッキが付着しやすくなるなど様々なメリットがあります。酸洗いを行わないとサビによる密着不良が発生しやすくなるため、金属加工の下準備としても欠かせない工程です。金属製品の熱処理によって生成される酸化皮膜はスケールと呼ばれています。酸洗いをすれば金属製品に付着したサビやスケールを除去できるので研磨作業の手間もかかりません。素材によっては酸洗処理後に水で洗浄するだけで製品として仕上げられます。使う溶液はもちろん、最適な濃度や時間が金属の種類ごとに異なるのもポイントです。塩酸や硫酸といった危険性がある薬剤を使うため、事故が起こらないような安全対策も重要になってきます。

大きな製品にも対応できる

酸洗いは他の下地処理と比べてコストを低く抑えられるのもメリットです。金属の焼けを取り除いたり、他の処理では難しい大きな製品にも対応できます。物理的な圧力もかからないため製品が歪んでしまう心配もありません。酸洗いを行うと、金属表面は梨地に曇ったような少しざらついた感じに仕上がります。表面の油分が除去されているので、酸洗い後は速やかに防錆処理を行うことも大事です。防錆処理によって膜が形成され、錆びにくい状態を保つことができます。酸洗いで使った溶液はそのまま流せないため、必ず排水処理を行わなければなりません。設備が整っている専門の業者へ依頼して行うのが一般的です。複雑な構造の製品は手塗りに対応している業者に頼むと良いでしょう。

© Copyright The Best Rust Remover. All Rights Reserved.