酸洗いをするメリットとは!

酸洗いってなぜやるの?

酸洗いは金属の製造工程で表面についた酸化物を落とすため、酸溶液に長時間つけて表面を洗う方法を指します。酸洗いは主に金属の表面をきれいにすること、加工処理を入れる前の下地処理、表面被膜の再形成を目的として実施します。酸洗いによって油分が落とされメッキや塗装がつきやすくなるため、有効な下地処理として行われます。また、酸洗いはさびにくいステンレス製品を作るうえで必須の工程です。ステンレスは、目に見えない膜を形成して自身を保護しています。膜は加工時の工程によって破壊されてしまうため、酸洗いをして汚れを落としてやることで再び膜が作られる状態にします。酸洗いの後にもう一度膜を形成させることを表面被膜の再形成と呼びます。

酸洗いをするメリット

酸洗いは、酸性の液体に製品をつけこむだけと工程が単純なため、大量の製品の洗浄や下地処理に向いています。特殊な設備も不要のため、費用をかけず簡単に実施することができます。物理的に力がかかることがないため変形を心配することもなく、簡単にさびや汚れを落とせます。一般的に落としにくいさびや汚れを酸溶液につけ込むだけで一掃できるのは、酸洗いの大きな魅力です。酸洗いを下地処理として行っておけばメッキや塗装が定着しやすくなり、キズや汚れに強く塗装が剥がれにくい製品を作れます。結果として長持ちする製品に仕上がるため、メンテナンス費用などの削減にもつながります。質の高い製品を提供するために、酸洗いは必須工程であるといえます。

© Copyright The Best Rust Remover. All Rights Reserved.