酸洗いをしたら加工は直ちに行おう!

洗浄後は金属製品の表面が傷みやすい

酸洗いによる洗浄作業は強酸性の薬剤で金属製品の表面を溶解させ、汚れやサビなどを取り除くのが特徴です。液体の薬剤がわずかなすき間にも入り込んで万遍なく作用するので、ネジや留め具のような複雑な構造の部品も綺麗に洗浄することができます。しかし、酸洗いを行った後は表面が薬剤の作用で非常に脆くなっています。些細な刺激で急速に腐食が進んでしまうので、酸洗いが終わったら速やかに加工を行う必要があるのです。金属の種類によって多少の差はありますが、酸洗いを行ってそのまま放置すると空気中の埃で微小な傷が付いてしまい、そこから腐食が発生します。金属製品を劣化させないためにも酸洗いとその後の加工は時間を置かず、速やかに済ませることが大切なのです。

酸洗いを行う環境にも気を配る

酸洗いは金属製品の汚れやサビを取り除くための作業なので、せっかく酸洗いを行っても直後に再び金属製品が傷んでしまうと意味がありません。手早く作業にとりかかることも大切ですが、酸洗いを行う環境を整えることも忘れてはいけないのです。金属製品の傷みは汚れた環境で多発する傾向があります。埃が多く、湿度が高い環境は金属製品の傷みが激しくなるので、酸洗いを行う際は刺激を避けるためにも空気が綺麗で適度に乾燥した環境に整えることが重要なのです。また、使用する薬剤も汚れなどの不純物が混ざっていない新品を使います。一度でも酸洗いに使用した薬剤は様々な成分が混在している廃液なので、見た目が綺麗でも再利用してはいけません。

リン酸処理とは文字通り、リン酸鉄、リン酸亜鉛、リン酸マンガンといったリン酸塩の溶液を使用して金属の処理を行います。金属の表面にリン酸塩皮膜を形成していきます。

© Copyright The Best Rust Remover. All Rights Reserved.