酸洗いは加工に必須の工程!

酸洗いは金属の汚れを落としてくれる!

生活をしていく上で、身近な所に加工済みの金属製品がありますよね。実は、そうした加工済みの金属製品にはもともとは汚れが付着しているんです。 金属を加工するにあたって熱処理や溶接などを行うと、どうしても酸化皮膜や焼け、さびなどの汚れが付着してしまいます。 この汚れが残ったままだと、塗装が上手くいかなかったり、製品に不良が出たりしますし使う側としても気になりますよね。 そうした汚れを、塩酸や硫酸などの液体を使って取り除く作業が酸洗いです。具体的には、塩酸や硫酸などの液体で酸性溶液を作り、その液体に加工済みの金属製品を浸します。 そうする事で、それまで付着していたスケールと呼ばれる酸化皮膜やさびなどがきれいに取れるんです!

酸洗いは製品の長持ちに役立つ!

加工済みの金属製品は、そのままだとすぐ壊れてしまうものなんです。加工過程における熱処理や溶接といった作業だけでは、金属の腐食を止めることはできません。 また、溶接をした箇所というのは、他の箇所よりも金属の腐食がはやく、すぐ壊れてしまうことに繋がります。 そこで登場するのが酸洗いです。 酸性溶液に浸すことによって金属の酸化を防ぎ、それによって起こる腐食も防止してくれる優れものです。 こうして、酸洗いをすることによって腐食を止め、製品によっては塗装の役割も果たすので、そのまま水洗浄をして出荷されることもあります。身近な所で使っている加工済みの金属製品においても、酸洗いは使われており、このような方法によって、私達は低価格高品質で長持ちする金属製品を使うことができます。

金属表面処理は主に強酸性の薬剤で金属製品に生じた汚れやサビなどを洗い落とす行為です。見栄えが良くなる他、薬剤によって形成された皮膜で汚れなどの再付着を防ぐ効果が得られます。

© Copyright The Best Rust Remover. All Rights Reserved.